健康で長生きを目指すには?人間ドックハウツー

なぜ人間ドックを受ける必要があるの?

2017年のデータによると日本の平均寿命は男性が81.9歳、女性が87.26歳で世界的に見ても長寿の国です。今でこそ長寿と呼ばれる日本ですが、平均寿命が50歳を超えたのは平成に入ってからなのです。

安土桃山時代は平均30代、室山時代は15~16歳、鎌倉時代は24~25歳と書物に残っています。寿命を数える様になったのは江戸時代からで、当時は32~44歳とかなり曖昧でした。江戸時代はほとんど戦がありませんでした。しかし災害や飢饉、そして何より火事が多くそれが寿命のバラつきに直結していると考えられます。そこから明治・大正時代で45歳前後まで寿命は延びましたが昭和に入ると戦争が勃発した為、平均30代に落ち込みました。

そこから今日に至るまで戦争は起こっておらず、且つ目まぐるしい医学の発達により様々な病気の治療が可能になりました。ここまで寿命が延びたのはとても良いですが「健康でいる事」がとても重要視される様になりました。いくら年を重ねたとしても自分の好きな事が出来ない、満足に身体を動かす事も出来ないのは生きている意味はあるのでしょうか?

少しでも健康に、そして長生きがしたい。それは人類の願いです。それを実現するにあたって何を行えば良いのでしょうか。自分の身体は自分で守る。そう思った時に出来るのは「異変に早く気付く」事です。その為におすすめなのが人間ドックです。誰もが一度は名前を聞いた事のあるサービスですが、なぜ受けた方が良いのでしょうか。その理由に迫っています。

おすすめリンク

新橋の時間外診療してくれる歯科

平日の仕事帰りでも治療ができる新橋の早朝の診療や夜遅くの診療に対応してくれる歯科。

銀座の全身脱毛はセルフが主流なのか

全身脱毛はセルフでも行える時代です。流行の最先端銀座の主流はどうなっているのでしょう。

札幌ではじめてのカウンセリングを受けるなら

まずは一歩踏み出してみませんか?「とりあえず」にもおすすめの札幌のカウンセリング

八千代市の訪問歯科一覧

八千代市で訪問歯科を実施している歯医者さんをご紹介します。特徴や評判なども見てみましょう。

脳梗塞後遺症の症状と向き合い方

脳梗塞後遺症とはどんな症状?後遺症がでた時、どのように向き合い過ごすことが大切なのでしょうか。

寿命の移り変わり

健康診断と人間ドックの違いを公開しています。またなぜ人間ドックを受けるべきなのか?をお教えします。 人に取っては「受ける必要は無い。」と考える方もいますが、何らかの病気や疾患の早期発見にも繋がるので出来る限り人間ドックを受ける方が良いでしょう。

気になる検査項目を大公開

いざ人間ドックを受けるとなった場合、基本項目のみで良いのでしょうか。20代であれば基本項目のみで問題ありませんが、年齢と共に気になる部位やかかりやすい病気もあります。 これらに特化した検診もあるので、まずは検診内容をチェックする事から始めて下さい。

この年齢からは要注意?受けて欲しい検診

年齢と共に気になる健康状態。仮に何らかの病気にかかっていても早期発見、治療で改善するのがほとんどです。 その早期発見をする為にどんな検診を受けるべきでしょうか?男性・女性に分けるだけでは無く、年齢によっても受けて欲しい検診が異なるので注意して下さい。

▲ TOPへ